宮城のニュース

死亡ゼロ半年 県警が太白区に賛辞

三浦署長から賛辞を受け取る佐藤区長(左)

 仙台市太白区が11日に交通死亡事故ゼロ半年を達成し、県警は13日、高須一弘本部長名の賛辞を同区に贈った。
 区役所での贈呈式で、三浦英幸仙台南署長が佐藤伸治区長に賛辞を手渡し、「記録を伸ばしてほしい」と激励。佐藤区長は「関係機関と協力して行った活動のたまもの。一日でも記録を伸ばしたい」と話した。
 太白区では昨年8月11日夕、同区坪沼の国道286号でバイクと乗用車が衝突し、バイク運転の男性が亡くなったのを最後に死亡事故は起きていない。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月14日水曜日


先頭に戻る