山形のニュース

<肘折温泉>積雪416センチ 過去最高

積雪が4メートルを超えた肘折温泉

 強い寒気の影響で12日、東北地方は断続的に雪が降り、山形県大蔵村肘折で同日午前、気象庁の地域気象観測システム(アメダス)で今季初めて積雪が4メートルを超えた。同日午後5時には2013年2月25日に観測した過去の最高(最深)積雪の414センチを超え、416センチに達した。
 肘折地区では、24時間で約1メートルも降雪があった。雪に慣れた住民も「今季はよく降る」と口をそろえながら、スノーダンプやスコップを使って、屋根から落ちてきた雪などを流雪溝に次々と捨てていた。
 全国有数の豪雪地を逆手に取って肘折温泉は、降雪量に応じて宿泊料や日帰り入浴料を割り引く「ドカ雪・大雪割キャンペーン」を3月11日まで実施中。最高積雪深が13日午後3時まで過去の最高値を超える415センチ以上だった場合、対象となる16軒の旅館で、14日の宿泊が無料になる。
 連絡先は肘折温泉観光案内所0233(76)2211。


関連ページ: 山形 社会

2018年02月13日火曜日


先頭に戻る