岩手のニュース

<明星>不屈のラーメン全国へ 津波と台風で被災の宮古・ぴかいち亭 カップ麺26日発売

全国で販売されるカップ麺を手にする刈屋さん

 明星食品(東京)は、東日本大震災からの復興支援の一環としてカップ麺「ぴかいち亭しょうゆラーメン」を26日に発売する。岩手県宮古市の人気ラーメン店「ぴかいち亭」の味を再現し、全国に発信。売り上げの一部は宮古市の復興関連事業の財源に充てられる。
 スープは、煮干しや鶏がらをベースにラー油などの調味料を合わせたあっさり味に仕立てた。ノンフライの細麺は、しなやかで程よいコシが特徴という。
 「ぴかいち亭」は店主の刈屋建二さん(68)が1992年に開店した。震災の津波で店舗1階の天井近くまで浸水したが、約3カ月後に営業を再開。2016年8月の台風10号豪雨でも店内が浸水する被害を受けた。
 岩手県庁で14日にあった商品発表会で、刈屋さんは「2度の災害で多くの方から支援を頂いた。恩返しのつもりで復興支援に携わりたい」と話した。
 218円(税別)。全国のスーパーやコンビニで100万個の販売を目指す。


関連ページ: 岩手 経済

2018年02月15日木曜日


先頭に戻る