宮城のニュース

気仙沼高からアドレス流出 校外教員56人分メール送信ミス

 宮城県教委は15日、気仙沼高が校外の高校教員ら56人に電子メールを一斉送信した際、誤って全員のメールアドレスが閲覧できる状態で送信したと発表した。同校は全員におわびし、該当メールの削除を依頼した。
 同校主催の生徒指導研修会に出席した高校や大学の教員にお礼のメールを送った際、操作ミスをした。小田島修教頭は「再発防止策を徹底する」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月16日金曜日


先頭に戻る