宮城のニュース

<ひなこけし>彩り鮮やか 表情豊か 白石で企画展

表情豊かなひなこけしがそろった企画展

 桃の節句を前に、こけし工人が手作りした木製の「ひなこけし」を集めた企画展「雛(ひな)の宴(うたげ)展」が、白石市福岡八宮の弥治郎こけし村で開かれている。
 地元の弥治郎系を中心に鳴子系、作並系など各地の工人が制作した約300点を展示販売。木のぬくもりが感じられる丸みを帯びたおひなさまとお内裏さまのほか、首がこまのように回ったり、金色や銀色で華やかな模様が施されたりした多彩な作品が並ぶ。
 3月4日まで。午前9時〜午後4時、本館が改修中のため仮設店舗で。無料。連絡先は弥治郎こけし村0224(26)3993。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年02月16日金曜日


先頭に戻る