宮城のニュース

<オスプレイ>小野寺防衛相「運用に万全期すこと必要」

 陸上自衛隊王城寺原演習場(宮城県大和町、色麻町、大衡村)で実施中の日米共同訓練に米軍の新型輸送機MV22オスプレイ4機が参加することに関し、小野寺五典防衛相は16日の閣議後記者会見で「米軍、自衛隊機とも運用には万全を期し安全な運航を心掛けることが必要だ」と強調した。
 米軍機を巡っては、沖縄県で大型輸送ヘリコプターや攻撃ヘリの事故などが相次ぎ、宮城県と地元3町村は住民の不安解消に向けた安全対策の徹底を求めている。小野寺氏はこうした点を踏まえ「当然米側も十分認識し、今回の訓練を行うと思う」と述べた。
 訓練の意義については「沖縄の負担軽減のため、オスプレイの本土での訓練は日本全国の演習場で協力頂いている。今回の訓練も通常のスケジュールの中で行われる」と理解を求めた。
 オスプレイの飛行ルートや日程など詳細は「米側から情報提供があったら、地元に丁寧に説明したい」と述べるにとどめた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年02月17日土曜日


先頭に戻る