宮城のニュース

<利府町長選>あす投票 即日開票

 任期満了に伴う宮城県の利府町長選は18日投票が行われ、即日開票される。立候補しているのは、いずれも無所属の新人で前町議会副議長の羽川喜冨氏(56)、元町職員大野尊行氏(44)、元参院議員熊谷大氏(43)、元町議吉田裕哉氏(40)の4人。
 羽川氏は町民参加型の町づくりを提唱。「文化複合施設に地場産品の販売所や加工場を併設し、稼働率を向上させる」と訴える。
 大野氏は「対話を重視し、地域に応じた施策を進める」と強調。文化複合施設は図書館などに機能を絞ってコスト削減を目指す。
 熊谷氏は「小学校給食を無料化する」と主張する。鈴木勝雄町長(74)の支援を受け、文化複合施設の整備推進を公約に掲げる。
 吉田氏はインターネットを使い選挙戦を展開。「行財政改革の強力な推進が必要だ」と、文化複合施設計画の見直しを力説する。
 16日までの期日前投票は前回町長選を上回っており、町制施行以来最多となる4人の争いに町民の関心は高いとみられる。
 投票は18日午前7時〜午後8時、町内14カ所で行われ、午後9時から町総合体育館で即日開票される。午後10時半ごろには大勢が判明する見通し。
 12日現在の有権者は2万9561人。


 ◇利府町長選立候補者
 
羽川 喜冨(56) 無新
 前町議会副議長、保護司(町議(3))仙台市、東北学院大

大野 尊行(44) 無新
 元町職員(町都市整備課主幹、会社員)八戸市、東北福祉大

熊谷  大(43) 無新
 会社役員(参院議員(1))仙台市、東北大院

吉田 裕哉(40) 無新
 ボランティア団体会長(町議(3)、介護職員)利府町、仙台二高


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年02月17日土曜日


先頭に戻る