宮城のニュース

<入試のツボ>体調管理 気を抜かず

◎高校受験・直前対策(6)後期選抜に向けて

 公立高入試の後期選抜まで残り17日。前期選抜や私立高入試の経験を糧に、納得のいく結果を出してほしい。そこで今回は、三つのアドバイスを送りたい。
 まずは「残された期間、どんな勉強をすべきか明確に」。いま一度勉強の計画を立て直した上で、後期選抜でどんな問題が出やすいかを過去問から捉えたい。
 前期選抜と後期選抜の問題は出題傾向や難易度に共通点が多く、今年の前期の問題を復習すると効果的だ。さらに、他県の入試問題で実践力を高めることもお勧め。青森や秋田などは各県のホームページに、過去の入試問題と解答を掲載しているので活用してほしい。
 次は「英単語・熟語の確認と、計算ミスを減らす訓練を」。英語は、過去問や前期選抜の問題を解くうちに、どんな語句がよく出題されているか把握できると思う。それらの語句を本番で落とさないよう最終確認しておこう。数学は、小問集合の配点がおよそ半分を占める。計算ミスで失点しないようにすることが合格へのポイントだ。前期選抜で計算ミスをしてしまった受験生は、特に入念な対策を講じてほしい。
 最後は「気を抜かずに体調管理を」。前期選抜が終わってから体調を崩す人が意外と多い。睡眠時間の確保と健康的な食生活も心掛け、最高のコンディションで本番を迎えられるよう準備しよう。これまでの成果を十分に発揮し、最後の1分1秒まで諦めずに挑戦できるよう心から応援している。(家庭教師のトライ・阿部正純教育プランナー)


関連ページ: 宮城 社会 入試のツボ

2018年02月17日土曜日


先頭に戻る