宮城のニュース

<わたしの道しるべ>生活視点でまちづくり

◎会社員 苅谷智大さん(32)=石巻市

 宮城県石巻市のまちづくり会社「街づくりまんぼう」で働いています。東日本大震災で被災した中心市街地に人を呼び込むため、仮設型商店街の企画や近隣商店街のサポートをしています。
 震災時は東北大大学院修士課程2年で都市計画を研究していました。2011年4月ごろに初めて石巻市を訪れ、現在の活動に携わり始めました。
 被災地の状況は刻々と変わるので、13年3月に仙台市から移住。住民と同じ目の高さで生活し、多額の復興予算を投じてできた公園や堤防をどうしたらみんなで活用できる施設になるのかを考えています。
 出身は名古屋市です。東北の落ち着いた雰囲気が好きで東北大に進学しました。東北は豊かな自然があり人間的にも魅力がありますが、本来の力を発揮し切れていないと感じます。
 経済や人口といった価値観も大事ですが、生活の満足度や人と人のつながりの強さにもっと価値を見いだす必要もあると考えています。石巻の復興まちづくりでそれを実践したいです。
(日曜日掲載)


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月18日日曜日


先頭に戻る