宮城のニュース

<楽天>新人西巻2安打 ぶれぬ打撃、監督も舌巻く

東北楽天−サムスン 7回東北楽天2死、西巻が対外試合初安打となる中前打を放つ

 18歳ルーキー西巻が対外試合初安打を含む2安打2打点の活躍を見せた。その打ち方は梨田監督も舌を巻くほど。「高校生に見えない落ち着きを感じる。すごくいい刺激になっている」。藤田、茂木の二遊間コンビの姿が1軍キャンプにない中で、孝行息子の登場を歓迎した。
 「最後までしっかりボールを見て振ったのが良かった」。こう振り返った七回の初安打は、右横手の相手に、前の2打者が凡退した後の打席で放った。逃げるように少し変化する直球を見事に中前へ打ち返した。
 この打撃を梨田監督は絶賛。「オコエ、渡辺直が崩されて(凡退して)いるのに、全然軸がぶれないね。腰も引かず、基本通りに打った」。高校随一の遊撃守備を買われてプロ入りしたものの、打撃は発展途上とみられてきた。それだけに指揮官は「打撃がここまでとは思っていなかった」と喜んだ。さらに九回2死二、三塁、右投手から左中間を鮮やかに破る2点三塁打も放った。
 西巻は、平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で優勝した羽生結弦(ANA、宮城・東北高出)について聞かれ、「注目される中で期待通りの結果を残したのは、さすがスターですね」と敬意を表した。仙台で高校生活を過ごした共通点がある先輩アスリートの背中を追うように、スターへの道を歩み始めた。(金野正之)


2018年02月18日日曜日


先頭に戻る