宮城のニュース

<B2仙台>青森に辛勝 志村決勝シュート

 17日、仙台市のゼビオアリーナ仙台などで行われ、東地区4位の仙台は5位の青森に81−79で辛勝した。2位の福島は3位の山形を100−77で破った。仙台、山形の通算成績は15勝22敗で並んだが、直接対戦の成績により、順位に変動はない。青森は9勝28敗。
 首位秋田は、西地区の香川に99−62で圧勝し、連勝を11に伸ばして33勝4敗。6位の岩手は中地区の東京Zに76−79で敗れ、4勝33敗。
 18日も同じ会場で同一カードが行われる。

仙台(15勝22敗) 81/17−22/79 青森(9勝28敗)
           26−12
           18−28
           20−17
▽観衆 2216人(仙台)

 仙台が競り勝った。5点差を追う第2クオーター、インサイドを積極的に攻め、連続19得点して逆転。後半は青森の速攻に苦しんで一進一退の展開が続いたが、試合終了間際に志村のシュートで試合を決めた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年02月18日日曜日


先頭に戻る