宮城のニュース

<寿丸屋敷>ひな人形 にっこりほっこり

多彩なひな人形が並んだ特製の七段飾り

 大正時代の旧商家の大広間を豪華なひな飾りで彩る「ほっこりおひなさま展」が、宮城県白石市中町の寿丸屋敷で開かれている。3月11日まで。
 ひな人形は、市民から寄贈された昭和40〜50年代を中心とした7セット105体。幅約8メートル、高さ約1.5メートルの七段飾りで展示し、桃の節句の華やかな雰囲気を演出している。明治、大正時代の貴重なひな人形や、愛らしい江戸木目込み人形なども並ぶ。
 入場無料で、午前10時〜午後4時。和小物の販売や流しびな体験もある。連絡先は白石まちづくり会社0224(25)6054。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月20日火曜日


先頭に戻る