福島のニュース

手作りのつるし雛 商店街華やかに 福島・飯野

手作りのつるし雛を店内に飾るスーパー

 福島市飯野町の商店街で、つるし雛(びな)まつりが開かれている。電器店やスーパーなど約40店舗が、店内に色とりどりのつるし雛を飾って来店客を出迎えている。3月4日まで。
 飯野町はかつて機織りが盛んだった。まつりは2008年、商店街の女性たちが地域活性化のために始めた。飾りは端切れなどを使った手作りで、毎年約3万人が訪れるという。
 南相馬市の主婦北原セツ子さん(61)は4年連続で訪れた。「何度来ても飽きない。目の保養になり、毎年楽しい」と話した。
 午前10時〜午後4時。期間中はつるし雛の制作体験や、コンサートなどを開催する。連絡先は飯野つるし雛まつり実行委員会080(2830)6013。


関連ページ: 福島 社会

2018年02月20日火曜日


先頭に戻る