宮城のニュース

<楽天>則本「自分の力出す」

則本昂大投手

 野球日本代表の稲葉篤紀監督は20日、オーストラリア代表と行う3月の強化試合のメンバーを発表し、1月に先行発表していた筒香(DeNA)ら6選手に加え、新たに上林(ソフトバンク、仙台育英高出)外崎(西武、富士大出)秋山(西武、八戸大出)田村(ロッテ、青森・光星学院高出)ら22選手を選出した。東北楽天からは則本、松井、高梨が入った。
 ◇
 日本代表のメンバーに決まった則本は「(稲葉監督が率いる)新しい体制の中、選んでもらえてありがたい。自分の力を出せるようにしたい」と意気込みを語った。
 この日はブルペンで102球を投げ込み、実戦登板に向けて着々と準備を進めている。25日のDeNAとのオープン戦が初登板になる予定。「投げてみて見つかる課題を克服できればいい。ぎりぎりまで体を追い込みながらベストの状態にしたい」と力を込める。
 東北楽天では先発陣の大黒柱だが、「1番とか2番とか投げる順番に関係なく、与えられた場所で仕事をするだけ」と貢献を誓った。


2018年02月21日水曜日


先頭に戻る