福島のニュース

<飯舘村102歳自殺訴訟>東電に賠償命令 原発事故の因果関係認める 福島地裁

大久保さんの遺影を持ち、福島地裁に入る原告の美江子さん=20日午後

 東京電力福島第1原発事故による強制避難を前に精神的に追い詰められ自殺したとして、当時102歳だった福島県飯舘村の大久保文雄さんの遺族3人が、東電に約6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁は20日、原発事故と自殺の因果関係を認め、東電に1520万円の支払いを命じた。
 金沢秀樹裁判長は、原告側が適応障害と主張した自殺の要因を認定しなかったものの、「原発事故によるストレスで自殺に至った」と判断。「大久保さんにとって飯舘村での生活は積み重ねてきた人生そのものだった。帰還の見通しすら持てぬまま、避難を余儀なくされたことが最終的な自死の引き金になった」と結論付けた。
 一方、同居していた次男が病気で入院して不在となり、大久保さんが家族に介護の負担を掛けるのを遠慮していたことなども相当の影響があったと言及。地裁は大久保さんに対する賠償額を2000万円と認定した上で、東電の責任を6割とし、1200万円の支払いを命じた。
 さらに、大久保さんと長年生活を共にしてきた次男の妻美江子さん(65)に「大きな精神的苦痛をもたらした」として、慰謝料180万円を認めた。
 判決によると、大久保さんは2011年4月11日、村が計画的避難区域に指定されることをテレビニュースで知り、翌12日未明に自室で首をつった状態で見つかった。
 原告代理人の保田行雄弁護士は「原発事故の重大性を捉えている」と評価。控訴しない意向を示した。東電は「判決内容を精査し、引き続き真摯(しんし)に対応する」とコメントした。
 原発事故に伴う避難と自殺の因果関係が争われた訴訟の判決は3件目。川俣町の女性=当時(58)=と、浪江町の男性=同(67)=の各遺族が福島地裁に起こした訴訟も、ともに避難生活によるうつ病が自殺の原因だったと判断した。


2018年02月21日水曜日


先頭に戻る