福島のニュース

<飯舘村102歳自殺訴訟>「じいちゃんの思い通じた」遺族ら安堵

判決後、大久保さんの遺影を持って記者会見する美江子さん=福島県庁

 東京電力福島第1原発事故で避難区域となった福島県飯舘村の大久保文雄さん=当時(102)=の自殺を巡り、遺族が損害賠償を求めた訴訟で、「避難によるストレスが一因」と事故との因果関係を認めた20日の福島地裁判決。「ようやくじいちゃんの思いが通じた。安らかに眠ってと伝えたい」。原告で大久保さんの次男の妻美江子さん(65)は安堵(あんど)の表情を見せた。
 美江子さんは判決後、県庁で記者会見に臨んだ。同居する次男の入院なども自殺の要因とし、賠償額を減額した判決について「金額は関係ない。東電の責任を認めてもらえてよかった」と前を向いた。
 大久保さんは飯舘村で農家の長男として生まれ、家を守ってきた。原発事故後、避難を知らせるニュースを見て「ちいと長生きしすぎたな」と漏らし、翌朝、自室で亡くなっているのを美江子さんが発見した。
 美江子さんは嫁いで以来、ずっと大久保さんと生活を共にしてきた。「温厚で心の広い人だった。自殺を選んだ悔しい思いを代弁したい」。2015年7月に提訴に踏み切った。
 東電は一貫して自殺との因果関係を否定し、遺族に謝罪はしていない。「線香の一本くらい手向けてほしい」と美江子さんは望む。
 現在、避難先の南相馬市で1人暮らしを続ける。村の自宅をリフォーム中で、工事が終われば来年春にも戻るつもりだ。「(原発事故前は)笑顔が絶えない家族だった。みんなで過ごした場所で、元通り笑顔を絶やさず生きていきたい」


2018年02月21日水曜日


先頭に戻る