宮城のニュース

<ベガルタ>平山引退会見、指導者の道へ 仙台での公式戦出場なし「悔しい気持ちでいっぱい」

引退会見に臨む平山

 サッカーの元日本代表FWで、1月に現役引退を発表した元J1仙台の平山相太(32)が22日、仙台市のユアスタ仙台で記者会見し「度重なるけがでトップレベルのパフォーマンスができないと思った。後悔はなく、次のステップを楽しみにしている」と語った。
 今後はプロチームの指導者を目指す意向を示し「もう一度大学に行き、幅広い知識を得たい。経験したことを若い人に伝え、Jリーグと日本のサッカーが強くなっていくよう助けたい」などと述べた。
 平山は長崎・国見高時代に全国高校選手権で2大会連続得点王となり「怪物」と呼ばれた。2005年にヘラクレス(オランダ)に入団し、06年からFC東京でプレーした。
 仙台に在籍した昨季はけがで公式戦の出場機会はなかった。「とても残念で、悔しい気持ちでいっぱい。応援してくれたサポーターに申し訳なく思う。サッカー界に戻ってきた時に応援していただければうれしい」と話した。


2018年02月23日金曜日


先頭に戻る