福島のニュース

<福島中2自殺>「対策組織 機能せず」第三者委員長、学校側に疑問

 いじめ被害を訴えていた南相馬市立中2年の女子生徒の自殺を巡り、検証作業に当たった第三者委員会の若杉裕二委員長が23日、「対策組織が機能していなかった」と、改めて学校側の対応に疑問を示した。市役所で開かれた記者会見で述べた。
 第三者委は市教委の依頼を受け、加害生徒約10人を含む130人近くの関係者への聞き取りを実施。今月19日、「継続的ないじめが自殺の主因」と認定する調査結果を答申している。
 若杉委員長は、女子生徒が通っていた中学校に教員、保護者らでつくるいじめ対策委員会が設置されていた点を重視。「対策委の存在が教員に周知されておらず、対応は担任任せ。学校組織を挙げて対処すべき事案だった」と指摘した。
 答申を受け、市教委は今月中に小中学校の緊急校長会議を開く考え。2018年度内にいじめ防止基本方針を定め、警察関係者や保護者らを交えた「市いじめ問題対策連絡協議会」を設置する。


関連ページ: 福島 社会 いじめ自殺

2018年02月24日土曜日


先頭に戻る