宮城のニュース

<ひな祭り>古民家きらびやか 川崎・みちのく公園

古民家に色鮮やかなひな飾りが並ぶ展示会

 宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園内の古民家にひな飾りが展示され、来場者は農民の生活が息づく屋内ときらびやかな人形のコントラストを楽しんでいる。3月25日まで。
 園内のふるさと村にあるかやぶき屋根の古民家4軒に、7〜8段のひな飾り計12組が並んだ。いずれも各家庭で飾られなくなったもので、2014〜16年に町内外から寄贈された。
 「鳴瀬川河畔の家」には、おひなさまの衣装を着て記念撮影できるコーナーがある。「釜房の家」では3月3、4日の午後0時半から先着50人にちらしずしなどを振る舞う。
 入園料は小中学生80円、高校生以上410円、65歳以上210円。連絡先は公園0224(84)5991。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年02月25日日曜日


先頭に戻る