秋田のニュース

<森吉山>闇に浮かぶ怪物 夜の樹氷鑑賞会、幻想的な世界

雪上車のライトを浴びて浮かび上がった森吉山の樹氷=23日

 北秋田市の森吉山(1454メートル)で「夜の樹氷鑑賞会」が開かれている。暗闇の中、雪上車のライトに照らされた樹氷は怪物のようにそびえ立ち、幻想的な世界を醸し出している。
 標高約1200メートルの樹氷平にはアオモリトドマツの林があり、大きいもので7〜8メートルの樹氷ができている。鑑賞会には、麓の森吉山阿仁スキー場から片道約30分かけて雪上車で向かう。
 鑑賞会に参加した同市阿仁の保育士田中景子さん(36)は「日中と違う世界。美しかった」と話した。
 25日、3月2〜4日にも行う。定員は各日15人で予約が必要。参加費は大人2500円、小学生以下1500円。日中はゴンドラで往復できる。連絡先は同スキー場0186(82)3311。


関連ページ: 秋田 社会

2018年02月25日日曜日


先頭に戻る