宮城のニュース

<多賀城市図書館>図書紛失弁償金返還請求を勧告市監査委が市教委に

 多賀城市立図書館の指定管理者「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」(CCC)の2016年度決算書に不当な支出があるとして、市民グループの佐俣主紀代表ら市民3人が昨年12月に行った住民監査請求に対し、市監査委員は26日までに、紛失・破損した図書の再購入に充てる利用者の弁償金6万3278円を、CCCに返還請求するよう市教委に勧告した。
 監査結果によると、弁償金は通常の図書や新聞の購入に使う指定管理料の「資料購入費」に含めるのではなく、損害を受けた市の歳入の公金として扱うようにするべきだと指摘。弁償金9万2654円のうち購入済み分を差し引いた6万3278円について、3月末までにCCCに返還請求するよう求めた。
 市生涯学習課は「勧告に基づいて対応する」と話している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月27日火曜日


先頭に戻る