宮城のニュース

<仙台市いじめ再調査委員会>議事打ち切り報告か 委員長が郡市長と面会

 仙台市泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月に自殺した事案を再調査する市いじめ問題再調査委員会の議事が打ち切られた問題で、弁護士の村松敦子委員長が26日、郡和子市長と市内で面会した。議事打ち切りの経緯を伝えたとみられる。
 市議会いじめ問題等対策調査特別委員会の理事会は同日、両者の面会終了後に郡氏から速やかに内容の報告を受ける方針を確認しており、そのための特別委が27日にも開かれる見通し。
 再調査委は17日の会合で村松氏と精神科医で遺族推薦の野田正彰委員の間で激しいやりとりがあり、村松氏が「委員の選任、解任を含め、市長に判断してほしい」と議事を打ち切った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月27日火曜日


先頭に戻る