宮城のニュース

<宮城大>試験会場トイレに包丁 受験生が発見

 宮城大は27日、2018年度一般入試前期日程の試験があった25日に大和キャンパス(大和町)の4階女子トイレで包丁1丁が見つかり、大和署に通報したと発表した。
 女子受験生が昼休みの午後0時15分ごろ、トイレ内にむき出しで置かれていた包丁を発見。大学側が現場から回収し、試験監督員の増員や巡回警備を強化するなどの対応を取った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月28日水曜日


先頭に戻る