宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクと練習試合 打線振るわず

東北楽天との練習試合で内野安打を放つソフトバンク・西田。捕手は西田とのトレードで加入の山下

 東北楽天は28日、宮崎市のアイビースタジアムでソフトバンクと練習試合を行い、0−3で敗れた。
 両チームが無得点で迎えた八回、4番手西宮が2死一、二塁から3連打を浴びるなどして3点を許した。打線は散発2安打と振るわず、得点圏に走者を進めたのは六回と九回のみだった。先発池田、2番手浜矢は共に3回無失点。実戦初登板のハーマンは九回を三者凡退に抑えた。
 1日は宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でロッテと練習試合を行う。

東北楽天   000000000=0
ソフトバンク 000000030=3
(特別ルールで九回裏も実施)
(東)池田、浜矢、寺岡、西宮、ハーマン−山下、足立
(ソ)中田、笠谷、野沢、田中、飯田−甲斐、谷川原

☆梨田の話ダ

<確定ではない>
 「森、安楽、塩見もいる。確定ということはないが、期待はしている」(3回無失点の池田の開幕先発枠入りを問われ)

☆イヌワシろっかーるーむ

<寺岡寛治投手(七回に3番手で登板し、四球でピンチを招きながらも無失点)>
 「真っすぐの制球はまとまってきた。思ったところに投げられていない変化球の精度を高めたい」

<ハーマン投手(対外試合初登板で1回無失点)>
 「日本に戻ってきて投げられたことが良かった。僕自身、順調だと思う。必要とされる選手になりたい」

<佐藤義則投手コーチ(3回無失点と好投した池田を評し)>
 「投球内容が安定し、制球も良くなった。ばらばらだったフォームが直った」


2018年03月01日木曜日


先頭に戻る