福島のニュース

<福島第1>凍土壁の遮水効果は5割 東電が評価結果

 東京電力は1日、福島第1原発で発生する放射能汚染水を減らすために1〜4号機の建屋周囲の地下に氷の壁を造る「凍土遮水壁」について、遮水効果は5割にとどまるとの評価結果を公表した。建屋周囲の井戸「サブドレン」からのくみ上げなど重層的な対策で汚染水発生量は従来の4分の1に減っているとして、東電は「十分な効果を上げている」と説明した。
 東電の解析では、凍土壁によって、建屋への地下水流入量は1日95トンから78トンに、岸壁側の地盤に流れ込み建屋に戻す汚染水の移送量は94トンから16トンに減少。凍土壁がなかった場合(1日189トン)と比べ、汚染水発生量を49.2%(1日93トン)に抑える効果があると評価した。
 凍土壁は汚染水対策の切り札として政府主導で進められ、345億円の国費が投じられた。建屋の周囲1.5キロに1500本の凍結管(深さ30メートル)を埋め込み、2016年3月末に凍結を始めた。現在は地中のほぼ100%が0度以下になっている。
 東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者は「1日95トンの抑制効果があり、汚染水浄化やタンク建設の費用を抑えることができている」と強調した。
 凍土壁の凍結開始前、雨水や地下水に伴う汚染水は1日490トンずつ増えていた。凍土壁に加え、サブドレンや地表からの雨水浸透を防ぐフェーシング(舗装)などの取り組みで、現在の汚染水発生量は110トンに低減している。


2018年03月02日金曜日


先頭に戻る