宮城のニュース

<桃の節句>今昔ひな人形、蔵彩る 仙台・旧仙南堂薬店など

多彩なひな人形を楽しむ家族連れ=3日午前、仙台市若林区の旧仙南堂薬店

 桃の節句の3日に合わせ、伝統的なひな人形を蔵で楽しむ「うれし楽し蔵deひなまつり」が、仙台市若林区の市景観重要建造物、旧仙南堂薬店と旧丸木商店で開かれている。5日まで。
 メイン会場の旧仙南堂薬店は、古今びなや享保びな、堤人形など、江戸時代から現代までの多彩なひな人形が飾られ、風情のある蔵が華やかな雰囲気に包まれている。
 まつりは14回目。企画した市民グループ「粋々(いきいき)まちなかプロジェクト」の斉藤衣代代表は「ひな人形を通して、地域の交流の場になればうれしい」と話す。
 午前10時〜午後3時。入場無料。連絡先は斉藤代表080(5558)4351。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月03日土曜日


先頭に戻る