宮城のニュース

古民具使いアート演出 丸森で作品展

古民具を生かした作品を楽しむ来場者

 明治、大正、昭和の古民具を使ったアート作品展が、丸森町の「丸森物産いちば八雄館」で開かれている。31日まで。
 盆栽を展示販売する町内の「工房四季庵(あん)」園主の石井仁さん(71)が古民具を大事にしようと企画。きねやはかり、釜のふたなどを一輪挿しや人形などと組み合わせた約80点が並ぶ。
 登米市から訪れた主婦小野寺はつ子さん(73)は「親が使っていた道具や、見たことがない道具もあった。すてきなアレンジだった」と話した。
 午前9時〜午後6時。入場無料。連絡先は四季庵0224(72)4015。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年03月07日水曜日


先頭に戻る