宮城のニュース

自慢の味モ〜烈アピール 商機つかむには胃袋から?

 ◇…東北の食品製造現場を視察中の香港の商社など4社の役員ら11人が、宮城県美里町の築100年の日本家屋を訪れた。和服を着て茶席を楽しむなど日本文化に親しんだ。
 ◇…家主のコンサルティング会社役員が日本のことを理解してもらおうと招いた。和服は町が用意し、町職員も駆け付けて遠来の客をもてなした。
 ◇…交流を兼ねたバーベキューには町の計らいで仙台牛の肉と町内産イチゴが登場した。海外のビジネスマンに町の魅力をモ〜烈アピール。自慢の味で商機も実るかも。(小牛田)


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月07日水曜日


先頭に戻る