宮城のニュース

<千年希望の丘遺棄>殺人容疑で塩釜の男を逮捕へ

高松さんが遺棄された千年希望の丘敷地内の空き地=2017年11月7日、宮城県岩沼市

 宮城県岩沼市押分の千年希望の丘周辺で昨年10月、仙台市太白区四郎丸、無職高松瑞絵さん=当時(54)=が遺体で見つかった事件で、岩沼署捜査本部は8日午前、殺人容疑で塩釜市の会社員の男(56)から事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。
 捜査関係者によると、男は昨年9月30日夕〜10月1日早朝、高松さんを軽乗用車ではねて殺害し、遺体を希望の丘敷地内に放置した疑いが持たれている。
 高松さんは昨年9月30日夜、家族に「知人男性に会う」と告げて外出後、連絡が途絶えた。同10月8日午前6時ごろ、自宅から約10キロ離れた希望の丘敷地内の二野倉公園南側の空き地で、あおむけの状態で死亡しているのが見つかった。死因は多発性外傷で、車にひかれた可能性がある。死後約1週間が経過していた。
 男は同10月10日、「(事件について)話したいことがある」と塩釜署に出頭。高松さんと出会い系サイトで知り合い、数回会ったことを認めたが、事件への関与は否定した。
 県警は男が事件直前に高松さんと会っていた可能性があるとみて、男から軽乗用車の任意提出を受けるなどして調べていた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月08日木曜日


先頭に戻る