宮城のニュース

<JR仙台駅>発車メロディーをリニューアル ハウンドドッグとモンキーマジックでロックなお見送り

 JR東日本仙台支社は9日、仙台駅在来線ホームの発車メロディーを18日にリニューアルすると発表した。いずれも仙台市ゆかりのロックバンド「HOUND DOG(ハウンドドッグ)」と「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」の楽曲を採用する。
 更新するのは在来線ホームの1〜6番線。東北線、常磐線、仙石東北ラインはハウンドドッグの「ff(フォルティシモ)」、仙台空港アクセス線はモンキーマジックの「Around The World」を流す。
 メロディーはサビなどをアレンジした29秒。仙台市の音楽家榊原光裕さんが編曲し、仙台フィルハーモニー管弦楽団が演奏した。
 仙石線を除く在来線ホームの発車メロディーは2016年7月、すずめ踊りのおはやしに変えた。仙山線が発着する7、8番線は引き続きすずめ踊りを使う。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月10日土曜日


先頭に戻る