宮城のニュース

石巻線の復旧を活写 美里・JR小牛田駅で写真展

作品について解説する志摩さん(奥)

 JR石巻線の鉄路脇の景色などを活写した写真展「石巻線の詩(うた)」が、JR小牛田駅構内の美里町総合案内所で開かれている。4月1日まで。
 展示しているのは、2011年11月〜17年5月に小牛田駅と前谷地駅間を中心に撮影した33点と、40年以上前の蒸気機関車時代の6点など。同町の写真愛好団体「美里フォトクラブ」会長で会社員の志摩勝彦さん(64)が撮影した。
 東日本大震災で津波の被害を受けた石巻線が全線復旧したのは、4年後の15年3月だった。志摩さんは「作品を通じ、日常が戻ってきた小さな幸せを少しでも感じてもらえればうれしい」と話している。
 入場無料。午前9時〜正午、午後1〜5時(最終日は午後3時まで)。月曜休館。連絡先は町総合案内所0229(31)1801。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月14日水曜日


先頭に戻る