福島のニュース

<アイくるガールズ>いわき市が公認 「どっかんどかん」元気に毎月地元で公演

ステージに立つアイくるガールズのメンバー

 アイくるガールズは2013年3月24日、地元タウン誌などの企画で誕生した。福島県いわき市公認で現在のメンバー6人は15〜26歳。地元では毎月、ライブハウスで公演を続けている。
 いわきを前面に押し出すオリジナル曲は20を超える。市内の会社員大場隆裕さん(36)らが作詞や作曲を手掛ける。
 代表曲「恋色スターマイン」は小名浜の花火大会がテーマ。サビは「どっかんどかん」と元気に歌う。
 「チャリ恋」は市内を波立、薄磯、永崎海岸へと、恋心を抱く男の子と自転車で南下する女子高生の歌。トマトやメヒカリなど特産物を紹介する曲や夏の風物詩「いわきおどり」を盛り上げる曲も。
 デビュー時から応援する市内の会社員安藤広一さん(37)は「グループの成長がうれしい。首都圏での出演が増えても地元愛を大事にしてほしい」と語る。
 グループのサブリーダーの木村汐里さん(24)=しおりん=は「いわきで誰にでも愛される存在になりたい」と力を込める。進学のため18日の定期公演で活動を終える田巻果奈さん(18)=かなるん=は「これから知り合う人にも大好きないわきの魅力をたくさん伝える」と話した。
 「研究生」を随時募集中。いわき市在住が条件。


2018年03月13日火曜日


先頭に戻る