宮城のニュース

就活に優しく 会社説明から筆記試験、面接選考まで1日完結採用 ITベンチャーが仙台でも開催

ユナイテッドが開いた1日完結採用の会社説明会=仙台市青葉区のアエル

 ITベンチャー企業のユナイテッド(東京)は、地方在住の新卒者向けに1日限りで会社説明会から面接選考までを終える「1日完結採用」を全国4都市で順次開催している。人手不足から採用の売り手市場が続く中、試験を受ける学生の負担を軽減し、地方からの採用を増やす試み。仙台市で2月下旬にあった採用には東北6県の大学生ら約30人が臨んだ。
 採用は午前10時、会社説明会で始まった。早川与規(とものり)会長が事業の内容や今後の方針を紹介。質疑応答に続き、筆記試験やエントリーシート記入があった。
 同社は受験者が昼食や休憩を取っている間に採点や書類選考を済ませ、専用サイトで結果発表。3段階の面接が午後12時50分に始まり、選考は午後6時ごろに終わった。
 内定した6人の一人、東北大工学部3年岡田星羅さん(21)は「他の企業の選考で毎月、東京に通っていた。仙台での1日完結採用は内容が盛りだくさんで大変だったが、助かった」と話した。
 地方での1日完結採用は2017年に始めた。仙台のほか札幌、福岡、大阪3市で実施し、地元国立大の学生らをターゲットにしている。
 一般的に選考は会社説明会や筆記試験、面接を別日程で実施。終了まで最短で約1カ月かかる。複数企業を受ける地方学生は選考の度に上京し、金銭的にも時間的にも負担が大きい。
 同社採用育成部の井上怜(りょう)部長は「地方に出向けば学生が受験しやすくなり、首都圏以外の優秀な人材と接点を持ちやすくなる」と狙いを明かす。
 1998年設立の同社はスマートフォンのアプリ開発や広告関連事業を展開している。売上高は14年3月期の約61億円が17年3月期は約145億円と急成長を遂げ、人材確保が急務。今春は前年より10人ほど多い約40人が入社する予定だ。
 井上部長は「新卒社員のうち地方採用が5割を占めている。ユニークな1日完結採用で学生の認知度も上がっており、企業の成長につなげたい」と話す。


関連ページ: 宮城 経済

2018年03月30日金曜日


先頭に戻る