Sportsスポーツ

2017.04.13号掲載

89ers

仙台89ERS


仙台89ERSポイントガード(PG)
志村雄彦選手 & 石川海斗選手
インタビュー

仙台89ERSのキャプテンとしてチームを引っ張る志村雄彦選手と、今シーズンからの加入ながら活躍が目覚ましい石川海斗選手。二人の共通点は、ポイントガード(PG)という、チームの司令塔を担うポジションであるということ。そんな二人のPGに、今シーズンの仙台89ERSについて聞いた。
(取材日/3月30日 取材/岡沼美樹恵)


緊張感を持ってさらに成長を

— Bリーグ初年度となった2016-17シーズンですが、ここまでの戦いはいかがでしたか?
志村 勝率、順位から見ても、かなり厳しいシーズンであることは間違いないです。ただ、そんな状況でもチームは崩れずにゲームに取り組むことができていると思います。あまり経験のない選手もBリーグという素晴らしい舞台で戦えることが、何よりいいことです。
— 志村雄彦選手は、NBL、bj両リーグでプレー経験がありますが、NBLでの経験が生きていると感じる瞬間はありますか?
志村 bjリーグが長かったので、過去のNBLの経験が生きているかどうかという判断は難しいですね。旧NBLのチームはバスケットボールの戦略や戦術、質など多くの面でレベルが高い。今までbjで通用してきたものが、Bリーグでは通用しなくなっていることを痛感しています。
— 2016-17シーズンも残り1カ月となりました。今後の戦い方は?
志村 とにかく挑戦です。とても厳しい状況下で、僕らは残留争いをすることになります。逆に、残留争いがあるからこそ、モチベーションを落とさずに頑張れるのではないかとも思います。B2に落ちる可能性があるということは、チームにとっては不安材料ですが、まだまだ緊張感のある試合を続けられることはいいこと。こういう状況でこそ、皆が成長できると思います。現状では全てのチームが僕らより上。どのチームからも1つでも勝ち星を挙げられるように頑張ります。

目標を高く有言実行を守る

— 今シーズン、これまでを振り返っていかがですか?
石川 個人としてよくできた部分もあるし、逆に課題も見えてきました。チームとしては結果が付いてきていませんが、成長できた部分もあった。全てが悪いというわけではないと感じています。
— 石川海斗選手の活躍は目を見張るものがありましたね
石川 正直、活躍できている方だとは思います(笑)。チームの中でも信頼されていると感じますし、他のチームの選手やヘッドコーチからも話しかけてもらう機会が増えましたね。僕自身は、日本代表に入りたいので、いろいろな人から評価してもらえるのはとてもありがたいし、これからもっともっと活躍できるようになりたいですね。
— シーズン前には「仙台89ERSを志村雄彦のチームから石川海斗のチームにする」と話していましたね
石川 目標は高く持つことが大事なので(笑)。ブースターの皆さんの反応が少しずつ変わってきているかなと、自分でも感じたことはありますね。栃木ブレックス戦(3月25日・26日)はけがで欠場しましたが、僕なら違う「風」を送り込めたのではないかと思うシーンも。チームは残留プレーオフで戦うことになるかもしれないし、このタイミングでけがしたのはコートの外でチームを「冷静に観察しろ」ということなのかもしれませんね。
— 第2の故郷・仙台に来てよかった?
石川 皆さんが温かく受け入れてくれたし、僕自身、仙台への思いが強い。だからこそ、チームをB1に残さなくてはいけないという強い気持ちでいます。

89ERSインフォメーション

いよいよクライマックス突入!
ホームゲームも残り6試合

★今シーズン最後の東北ダービー

■日時  4月15日㈯18:00試合開始
      16日㈰13:30試合開始
■対象  秋田ノーザンハピネッツ
■会場  カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)
     太白区富沢1-4-1

★両日ともに豪華な来場者プレゼント

■日時  4月29日㈷18:00試合開始
      30日㈰13:30試合開始
■対象  アルバルク東京
■会場  ゼビオアリーナ仙台
     太白区あすと長町1-4-10

★田臥勇太選手来仙!リーグ戦最終戦
■日時
 5月6日㈯18:00試合開始
      7日㈰13:30試合開始
■対象  栃木ブレックス
■会場  カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)
     太白区富沢1-4-1

■チケット購入方法
http://www.bleague-ticket.jp/club/se/
またはコンビニ各店で

【問い合わせ】仙台89ERS
℡022-215-8138(平日9:00〜18:00)