Health元気!健康!

健康の医学教室

身近な病気や症状について、東北大医学系教授らが最新情報を伝える

東北大学病院皮膚科 講師 菊地 克子 さん

1989年東北大医学部卒。94年米国ペンシルバニアに留学し、皮膚の基礎研究を手掛ける。東北大病院皮膚科助手を経て2004年から現職。角層の機能を科学的に解析する皮膚計測工学が専門の美肌研究の第一人者で、多くの化粧品メーカーと共同研究を行う。

【テーマ】美肌の極意 ~保湿と紫外線対策~

保湿と光老化防止で 若々しい美肌を保つ

皮膚は人の体を覆う臓器で、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。他に毛・毛包や皮脂腺、汗腺などの付属器があり、爪もその一部です。真皮には血管や神経が分布していますが、大部分を占めるのがコラーゲンやエラスチンなどの線維性成分で、肌の張りや弾力のもとになっています。表皮の大部分は角化細胞で、代謝により日々新しく生まれ変わっています。

バリアー機能重要

皮膚の働きで重要なのは、私たちの体を外の世界から守るバリアー機能です。病原菌など外部からの有害物質の侵入を防ぐと同時に、体内から水分が失われないように働きます。有害なものが入ってしまったときには皮膚の免疫・炎症バリアー機能が働き、二段構えで生体を守っています。

美肌の条件である潤いのある肌とは、表皮の一番外側にある角層の水分量が十分に保たれている皮膚のことで、天然のクリームである皮脂と天然保湿因子が関係しています。高齢になるにつれて含まれる水分量が少なくなり、肌がカサカサしてきます。ひどくなると角層がひび割れ、アレルギー性物質などが侵入して湿疹ができやすくなります。かくことでバリアー機能が悪くなり、さらに湿疹が悪化します。

乾燥を防ぐにはクリームや乳液など保湿剤を塗って肌の潤いを補うことが必要です。できれば毎日1~2回、肌の表面がしっとり光るぐらいたっぷり塗ると効果的です。熱い風呂に入るなど、乾燥を悪化させる生活習慣にも気を付けてください。


紫外線は老化促進

肌の老化は自然の老化に加え、慢性的な光老化が関与しています。光老化は紫外線による慢性の皮膚のダメージによって起こる老化のことで、顔の肌の老化の8割は光老化が原因です。子どもの時から浴びた紫外線量が少ない人ほど、しみやしわが少ない若い肌でいられます。光老化を防ぐには、日差しの強い時間の外出を控え、つばの広い帽子や日傘、長袖の衣類で肌を覆うことが大事です。顔や手などの露出部は日焼け止め剤を塗るといった対策が必要です。

できてしまったしみやしわに関しては、美容皮膚科ではビタミンA誘導体や美白剤を用いたり、レーザー施術を行ったりしています。ある程度若返ることは可能です。何歳になっても紫外線を防ぎ、きちんと手入れをすることが、美肌のための極意です。ただ、いくら肌の手入れをしても、たばこを吸っていては美肌になれません。喫煙は肌の老化を進行させます。