Health元気!健康!

健康の医学教室

身近な病気や症状について、東北大医学系教授らが最新情報を伝える

東北大大学院
医学系研究科内部障害学分野
教授 上月 正博 さん

1981年東北大医学部卒業。豪メルボルン大医学部研究員、東北大病院助手、講師を経て、2000年から現職。東北大病院リハビリテーション部長、創生応用医学研究センター先進統合腎臓科学教授を併任。「名医の心身ことばセラピー」など著書多数。

【テーマ】慢性腎臓病の治療は「運動制限」から「運動療法」へ:その効果と実際

慢性腎臓病患者を救う
継続的な運動療法

腎臓は空豆の形をした臓器で、背中側に左右1つずつあります。最も大切な働きは、体内の老廃物や余分な水分を外へ排せつすることです。また、体液量やイオンバランスの調節、血圧のコントロール、骨の成長を助長、骨髄に作用して血液を作るといった働きもあります。腎臓が悪くなると代謝機能が低下し、手足や顔がむくむ、皮膚がかゆい、息切れする、疲れやすいなど、さまざまな影響が出てきます。慢性腎臓病が進行すると腎不全になり、最終的に透析治療が必要になります。日本では約1330万人の慢性腎臓病の患者がいて、約32万人が透析を受けています。

歩行 1週間で150分目標

私たちは2011年に、東北大を事務局にして日本腎臓リハビリテーション学会をつくりました。日本は腎臓病や透析の治療が世界一進んでおり、リハビリ療法を行うことで腎機能が改善され、透析への移行率や死亡率が低下したという報告が相次いでいます。こうした状況を受け、進行した糖尿病性腎症の患者を対象としたリハビリが、16年4月から健康保険の適用になりました。これは世界初のことで、学術雑誌「ネイチャー」でもその功績が紹介されています。

リハビリには運動療法、食事や水分摂取の管理、禁煙、治療薬の管理、精神的サポートがありますが、運動療法の指導がうまくいっていないのが現状です。かつて、腎臓の悪い人は安静が第一の治療でした。今は安静のリスクが明らかになり、炎症があるような急性腎臓病や尿タンパクが多い患者さん以外は、積極的に運動することを勧めています。

適切なのは軽い運動で、早歩き、自転車こぎ、息切れしない程度の筋トレなどです。歩くのは1日30分、1週間で150分が目標です。透析を受けている患者さんも運動療法を継続することで、心臓の働きが良くなる他、疲れにくくなったり、貧血が改善されたりします。また老廃物の排せつを高めることで透析の効率がよくなります。

体力のない人ほど運動を

運動不足が健康に及ぼすリスクは、喫煙のリスクに匹敵するといわれています。運動不足は高血圧や糖尿病、心血管疾患、がん、認知症、うつ病などさまざまな国民病の大きな原因になっています。私たちは1日完全に安静にしていると筋力が2%低下します。30歳を過ぎると、1歳年をとるごとに1%ずつ筋力が低下するので、1日安静にしていると2歳分の老化に相当することになります。体力がない高齢者や障害を持っている人こそ、寝たきりにならないために運動することが必要です。   

(3月20日講演)