Health元気!健康!

健康の医学教室

身近な病気や症状について、東北大医学系教授らが最新情報を伝える

東北大大学院
医学系研究科内部障害学分野
教授 上月 正博 さん

1981年東北大医学部卒業。豪メルボルン大医学部研究員、東北大病院助手、講師を経て、2000年から現職。東北大病院リハビリテーション部長、創生応用医学研究センター先進統合腎臓科学教授を併任。「幸せと元気をよぶ『らくらく体操』」など著書多数。

【テーマ】慢性腎臓病と透析患者の新しい治療 腎臓リハビリテーション

透析患者にも有効な
運動療法で寿命を延ばす

腎臓が悪くなると体内に老廃物がたまって代謝機能が低下し、手足や顔がむくむ、皮膚がかゆい、息切れする、疲れやすいなど、体にさまざまな影響が出てきます。慢性腎臓病が進行すると腎不全になり、最終的に透析治療が必要になります。

学術雑誌「ネイチャー」に掲載された論文で、腎不全の病態が早期老化現象に酷似していることが報告されました。「腎不全患者の老化を抑えることができれば、万人の老化防止につながるかもしれない」と、世界の関心が集まっています。

安静のリスク明らかに

治療の1つとして重視されているのが運動療法(リハビリテーション)です。私が医学生の頃は、心臓や肺、腎臓の悪い人は安静がまず第1の治療でした。しかし、最近は運動習慣のない患者の治療後の生存期間が短いなど、安静のリスクが明らかになってきました。今は、炎症があるような急性疾患以外は適度な運動を推奨しています。

日本では現在、約1330万人の慢性腎臓病の患者がいて、約32万人が透析を受けています。運動を中心としたリハビリを行うことで、腎機能が改善され、死亡率や透析への移行率が低下したという報告が相次いでいます。こうした状況を受け、日本では世界に先駆けて昨年4月から、腎臓の悪い糖尿病の患者さんを対象としたリハビリが、健康保険の適用になりました。

軽い運動の継続推奨

推奨しているのは軽い運動で、早歩き、自転車こぎ、息切れしない程度の筋トレなどです。歯を食いしばってやるような運動は、腎臓を守るには強過ぎます。透析を受けている患者は運動療法を継続することで心臓の働きがよくなり、貧血も改善してきます。老廃物の排せつも高まるため透析の効率がよくなります。

透析を受けながら運動時間を確保するのはなかなか大変です。そこで、透析の最中にできる自転車こぎの運動、ゴムバンドやボールを使った効果的なトレーニングがいろいろ工夫されています。

運動不足が健康に及ぼすリスクは喫煙に匹敵すると言われ、高血圧や心臓病、脳卒中、がん、認知症など、さまざまな病気の原因の1つになっています。私たちは1日絶対安静状態でいると、筋力が2%低下します。30歳を過ぎると1歳年をとるごとに1%ずつ筋力が低下するので、1日安静にしていることは2歳分の老化に相当することになります。特に体力がない高齢者や障害のある人は、寝たきりにならないためにも無理のない運動を続けるよう心掛けてください。

(9月26日講演)