Health元気!健康!

健康の医学教室

身近な病気や症状について、東北大医学系教授らが最新情報を伝える

東北大大学院医学系研究科
難治性高血圧・内分泌代謝疾患
地域連携寄付講座
特任教授 佐藤 文俊 さん

1987年東北大医学部卒業。同大大学院医学系研究科修了。医学博士。ロンドン大ハマースミス病院代謝内科内分泌部門研究員、東北大腎・高血圧・内分泌科助手、助教、院内講師、外来医長などを経て、2015年から現職。専門は内分泌代謝学、高血圧。

【テーマ】アンチエイジングの理論と実践~今日からできる食事と運動~

食事の見直しと運動で健康寿命を延ばす

いつまでも若々しく健康で自立した生活を送るには、食事や運動、喫煙などの生活習慣を見直し、生活習慣病を予防することが大事です。特にたばこは体に酸化ストレスを与えるので注意が必要です。最近の研究で、生活習慣病が認知症に大きく関与していることも分かってきました。

生活習慣病の3大危険因子と言われるのが高血圧、糖尿病、高脂血症です。血圧は医療機関で測った外来血圧の収縮期(上)が140mmHg以上、または拡張期(下)が90mmHg以上になると高血圧と診断されます。高血圧の状態を放置していると脳卒中や心疾患を発症しやすくなるほか、慢性腎臓病などの重大な病気につながります。

血圧を上げる原因の一つが食塩です。高血圧の人は1日の食塩摂取量は6g以下、正常値の人は10g以下に抑えましょう。私たちは味覚から老化するため、年を取るほど強い塩味を求めてしまいます。だしを上手に使い、酢で味にめりはりを付けるなど工夫をし、減塩を心掛けてください。

炭水化物減らし肉の摂取を

糖尿病はインスリンが不足して慢性的に血糖が高くなる病気ですが、食事の見直しや運動習慣で予防できます。肉を食べると血糖値が上がると思っている人がいますが、それは誤解です。肉を食べても血糖値はほとんど上がりません。ご飯などの炭水化物を減らすことが糖質を減らすことにつながり、肥満の予防にもなります。

肉の中でも特に鶏肉や魚、大豆などのタンパク質は筋肉を作る上でも大事なので、しっかり食べてください。緑黄色野菜も積極的に取るよう心掛けましょう。ナスやリンゴは、皮と身の間に貴重な栄養素が含まれています。皮ごと食べると栄養を逃がしません。食事をするときは、野菜から食べ始めると血糖が上がりにくくなります。

筋肉を使い衰えの進行防ぐ

運動は生活習慣病の予防だけでなく、筋肉の衰えを防ぐためにも重要です。筋肉は使わないとどんどん衰えてしまいます。筋力が弱まると骨の老化も進みます。70歳を超えると骨粗しょう症が急増します。喫煙や過度な飲酒を避け、食事ではリンを多く含むインスタント食品を控えてください。リンを取り過ぎると、骨の形成に必要なカルシウムの吸収を抑制することになります。

運動のやり過ぎは逆効果で、ニコニコペースのウオーキングが最適です。強い紫外線を避け、水分を補給しながら1日30分程度歩きましょう。正しい食習慣と運動習慣は若さを保つ秘訣(ひけつ)です。