Sweetsおやつ探偵

2018.02.22号掲載

おやつ探偵

さくら餅
1個162円


菓房たこうや

厳しい寒さが続く今年は、ぽかぽか陽気の春が一層待ち遠しいですね。そんな中、1930年創業の老舗和菓子店に、一足早く春の和菓子が並びました。薄紅色の道明寺タイプの「さくら餅」です。

3代目の板橋一典さんに「手づかみでどうぞ」と勧められ、桜葉ごと手に取ります。比較的小ぶりですが、想像以上の重量感。口に運ぶと、清涼感ある桜葉の香りがふわりと広がります。

宮城県産もち米「みやこがね」を使った半潰しはもちもちの食感。中にたっぷり入ったこしあんは滑らかで、すっと引く甘さが上品です。板橋さんは「あんこは白砂糖とざらめを加えて一定温度の蒸気加熱で練ることで、この味と舌触りを出しています」と説明します。

煎茶との相性は言わずもがなですが、板橋さんは「私は日本酒を飲みながら食べるのが好きなんです。意外と合いますよ」と笑顔で話します。さくら餅と日本酒のマリアージュ、ぜひ試してみては。4月上旬まで、県内6店舗で販売しています。


※価格は商品(1点)の総額(本体価格+消費税)

清涼感ふわり広がる春の味



宝来餅
たっぷりのあんこをのびやかな餅で包みました。粒あんの紅色とこしあんの白色があり、入学式や卒業式でも使われています。各129円

菓房たこうや

名取市増田2-3-7
℡022-382-3121
営/9:00〜18:00
休/無休
※大手町店、イオン名取店(名取市)、袋原店、生協柳生店(太白区)、セラビ岩沼店(岩沼市)でも販売

文/宇都宮 梨絵 
写真/小村 仁