Sportsスポーツ

2017.09.21号掲載

センダイガールズプロレスリング

センダイガールズプロレスリング


躍進する若手に挑むベテラン
2つのタイトル戦に熱い視線

センダイガールズプロレスリング(仙女)が主催する地元仙台最大のイベントが「女子プロレス BIG SHOW in 仙台」。今年も9月24日㈰、仙台サンプラザホールで開かれる。ベテランが気を吐き若手も頭角を現し始めた、今がまさに“旬”の仙女の大一番をお見逃しなく。

大一番に気合十分

プロレスファン以外にも人気集める
カサンドラ宮城選手
エース決する対決

最大の目玉は「センダイガールズワールドチャンピオンシップ」。躍進を続ける現王者・橋本千紘選手が長年仙女を支えてきた大黒柱・里村明衣子選手と対戦する。
デビュー1年で里村選手からベルトを奪った橋本選手はその後アジャ・コング、松本浩代両選手に敗れたものの、いずれも再戦で王座を奪還。里村選手相手の防衛戦は初めてだ。
「昨年ベルトを奪ってから落としてはまた取ってと、いろんな経験をした濃い1年だった」と橋本選手。「今年は自分が王者、里村さんが挑戦者と、昨年とは立場が変わっての試合。『完全勝利』で成長した姿をお見せしたい」と意気込む。
里村選手も「仙女で最もキャリアのある自分の再挑戦。返り咲きを果たしたい」と譲らない。「橋本に勝てる要素として、今は打撃を磨いている」と気炎万丈だ。

華麗な飛び技に注目したいDASH・チサコ選手

期待の新星続々

前王者のDASH・チサコ&カサンドラ宮城組が解散し、ベルトを返上したことで空位になっていた「タッグチャンピオンシップ」にはDASH・チサコ&KAORU組、白姫美叶&アレックス・リー組が挑む。
「仙台サンプラザホールで行われる大会の中でも一番、と言ってもらえるようなタッグマッチをお見せしたい」と語るチサコ選手は、妹の仙台幸子選手との「十文字姉妹」で2015年に初代王位も奪った仙女きっての“タッグ屋”。2代目王位を奪取して以来のパートナー・KAORU選手とのハードコアスタイルの連係も見もの。「負けることは考えていない。『ハードコア』というジャンルを初めて見る方にも楽しんでもらえる試合にしたい」
先輩タッグにアレックス選手とともに挑戦するのは、一昨年のBIG SHOWでデビューした白姫選手。なかなか勝てない苦悩の1年半を経て今年1月に念願の初勝利。この9カ月でタイトル戦に挑むまでに急成長した。「こっちは組んで日が浅く経験も連係もまだまだ。蹴りをうまく使って戦いたい」と気を引き締める。
さらに現役中学生プロレスラーの愛海選手、今大会がデビュー戦となる佐藤亜海選手と、新人選手も伸び盛り。個性的なパフォーマンスでプロレスファン以外からも人気急上昇中のカサンドラ宮城選手も「地域密着の仙女の年に一度のビッグマッチ……月1回のホーム大会とは違った特別感がある……出場する選手の1人として盛り上げていきたい……不不不(ふふふ)…」と気合十分だ。
女子プロレスをまだ見たことがない人も、ぜひ足を運んで生ならではの迫力ある熱戦を体感してみて。

白姫美叶選手(左)とアレックス・リー選手

7月のデビュー後、経験を重ねる愛海選手(左)

8月19日の大会でデビューが発表された
佐藤亜海選手

【試合・出演情報】

女子プロレス BIG SHOW in仙台

9月24日㈰14:15開場、15:00試合開始
 会場/仙台サンプラザホール
    宮城野区榴岡5-11-1 

宮城野区文化センター大会

10月14日㈯17:30開場、18:00試合開始
 会場/宮城野区文化センター
    宮城野区五輪2-12-70

問/仙女事務所℡022-395-6945
  (平日10:00~12:00、13:00~18:00)