ベネチア国際映画祭報告2008

8完.金獅子賞は「レスラー」

2008/9/6

金獅子賞のダーレン・アロノフスキー監督と主演のミッキー・ローク

女優賞のドミニク・ブラン

男優賞のシルヴィオ・オルランド

審査員特別賞と脚本賞のハイレ・ゲリマ監督

監督賞と撮影賞のアレクセイ・ゲルマン・ジュニア監督

 最終日の7日、ダーレン・アロノフスキーの「レスラー」が最高の栄誉、金獅子賞を獲得して、今年の映画祭が閉幕しました。今年は日本映画が3本もコンペに並ぶ異例の年でしたが、終わってみれば、それぞれが小さな賞(「アキレスと亀」がバストーネ・ビヤンコ賞、「崖の上のポニョ」がミンモ・ロテッラ賞、「スカイ・クロラ」がフューチャー・フィルム・フェスティバル・デジタル・アワード)を受賞しただけで、本賞の方には入りませんでした。

 これは、新人を顕彰する方向へ傾いている昨今の映画祭の現状を知っていればわかること。特に、ヴィム・ヴェンダースが審査員長の今年は、金獅子賞を受賞済みの北野武監督と宮崎駿監督の受賞はないだろうと東京を出るときから予想していました。これは、評判がよくても受賞には至らなかったジョナサン・デミやキャスリン・ビグローにもいえることです。

 最も物議をかもした賞は男優賞で、イタリアの人気コメディアンにして俳優のシルヴィオ・オルランドの受賞は不思議ではないものの、「レスラー」のミッキー・ロークの圧倒的な存在感に、観客も批評家もノックアウトされたばかりだったので、受賞後の記者会見で、ヴェンダースやイタリア代表の審査員ヴァレリア・ゴリーノが防戦に務めていました。

 今年はディレクターのミュラー氏がインタビューで語っていたように、“私達にとって世界の映画とは何か”がテーマで、広く世界からエチオピア、アルジェリア、トルコなどの作品が集められました。それとは別に、1945年から1975年に至るイタリア映画の忘れられた作品を集めた「この幽霊たち」という特集が組まれ、フェリーニの単独監督第一作の「白い酋長」やアドリアーノ・チェレンターノのカルト映画「ユッピ・ドゥ」、イタリア初のロック・オペラ「オルフェオ9」などを見て過去を振り返る機会もあり、私に撮っては空間的かつ時間的に映画界を俯瞰することが出来た年でした。

 特に感動したのは、コンペ外特別上映されたマノエル・デ・オリヴェイラの短編とアニエス・ヴァルダの「アニエスの浜辺」で、もうすぐ100歳になるオリヴェイラの悠然たる映画作りと、80歳を迎えたヴァルダの自分の人生を振り返る厳しく暖かい眼差しには、創造力と精神の“若さ”と実年齢には何の関係もないことがよく現れていました。

【受賞結果】

●コンペティション部門
・金獅子賞(作品賞):「レスラー」ダーレン・アロノフスキー(アメリカ)
・銀獅子賞(監督賞):アレクセイ・ゲルマン・ジュニア
 「ペーパー・ソルジャー」(ロシア)
・審査員特別賞:「テザ」ハイレ・ゲリマ(エチオピア、ドイツ、フランス)
・ヴォルピ杯(男優賞):シルヴィオ・オルランド
 「ジョヴァンニの父」プピ・アヴァティ
・ヴォルピ杯(女優賞):ドミニク・ブラン
 「他者」パトリック・マリオ・ベルナール、ピエール・トリヴィディック(フランス)
・マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞):ジェニファー・ローレンス
 「バーニング・プレーン」ギリェルモ・アリアガ
・オゼッラ(撮影賞):アリシャ・ハミドホジャエフ、マキシム・ドロズドフ
 「ペーパー・ソルジャー」
・オゼッラ(脚本賞):ハイレ・ゲリマ「テザ」
・特別獅子賞:ウェルナー・シュレーター
 40年に渡る、妥協なく飽くなき革新的な仕事に対して

●ルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞):
「8月15日の昼食会」ジャンニ・ディ・グレゴリオ(イタリア)

●名誉金獅子賞:エルマノ・オルミ

●短編部門
・コルト・コルテッシモ獅子賞:「ティエラ・イ・パン」カルロス・アルメラ(メキシコ)

●オリゾンティ部門
・オリゾンティ賞(フィクション):「メランコリア」ラヴ・ディアス(フィリピン)
・オリゾンティ・ドク賞(ドキュメンタリー):「ビロウ・シー・レベル」ジャンフランコ・ロージ(イタリア)

●国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI)
・コンペティション部門:「ガッブラ」タリク・テグィア
・オリゾンティ&批評家週間部門:「グッバイ・ソロ」ラミン・バフラニ

筆者紹介

齋藤敦子さん  映画評論家。パリで映画編集を学んだ。フランス映画社宣伝部から90年にフリーとなる。G・ノエ、グリーナウェイの諸作品を字幕翻訳。  最新作は「麦の穂をゆらす風」。「ピアノ・レッスン」(新潮文庫)「奇跡の海」(幻冬舎文庫)「パリ快楽都市の誘惑」(清流出版)などの翻訳書も。