河北抄

 1位は仮面ライダー、2位はウルトラマン。三菱電機エンジニアリング(東京)が社員を対象に思い出のヒーローについて調査したところ、世代を超えて愛される「正義の味方」が上位に入った。
 調査によると、当時の宝物は変身ベルトや怪獣の玩具など。筆者も仮面ライダーのカード欲しさにスナック菓子を買っていた思い出があり、懐かしい。
 勧善懲悪のヒーローが好きなのは米国も同じ。仙台市宮城野区の「TFUギャラリーMini Mori」で26日まで開催中の「マーベル展」では、米制作会社マーベルが生んだヒーローの原画や映画の衣装が並び、魅力が楽しめる。
 ヒトラーを殴ったキャプテン・アメリカ、放射能を浴びたクモにかまれ、超人になるスパイダーマン、冷戦下の軍拡競争を背景に生まれたアイアンマン…。時代を反映したヒーロー像が作られた。
 非現実の世界でひとときの夢を与えてくれるヒーロー。新シリーズが長年作られ続けているキャラクターが多いのは、昔も今も現実の社会に閉塞(へいそく)感が漂っているからなのかもしれない。


2018年08月20日月曜日


先頭に戻る