河北抄

 プロ野球東北楽天の補強はうまくいっているように映る。9月に就任した石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は来季だけのためだけでなく、「毎年優勝争いができる強いチームをつくる」とし、必要な人材を着々と集めている。
 石井GMは、補強の狙いの一つに野手の中心となる選手の獲得を掲げた。東北楽天はパ・リーグ最下位に終わったが、投手力を示すチーム防御率は6球団中3番目と悪くない。一方でチーム打率は最下位。そこでパ・リーグの打点王の浅村栄斗を西武から獲得。今季終盤に目立った三塁手の内田靖人らと、得点力が課題の打線を活気づけるだろう。
 ドラフト1位で入団の辰己涼介(立命大)は走攻守そろう。リーグ新人王の田中和基、3割近い打率を残した島内宏明らもいて外野も充実の布陣。即戦力の辰己がプロの世界に慣れず力を出せなくても、巨人から能力の高い外野手の橋本到(仙台育英高出)が来たので心配無用。
 チームの弱点をあぶり出し、迷いなく手を打つGMの存在が頼もしい。編成の結果が表れる来季が待ち遠しい。


2018年12月22日土曜日


先頭に戻る