河北抄

 「リュックを背負ったままだと周りの方がいずいので…」。通勤時、仙台市地下鉄の車内で毎日のように聞くのが広島県出身の歌手・俳優の吉川晃司さんの声だ。仙台弁を交えてアナウンスするのには、びっくりした。
 録音は3月、若林区の東西線荒井車両基地であった公開録音のラジオ番組に出演した際のこと。タイアップした市交通局の要請で、乗車マナーの呼び掛けに快く協力してくれた。
 反響はSNSなどでかなりあった。「有名人に言われるとインパクトがある」「いずいの使い方がおかしい」等々。市交通局は「おおむね肯定的な意見が多かった。批判もあったが、それだけ心に留めていただいたということで、効果はあった」と説明する。
 交通局は近く、大がかりなマナー啓発キャンペーンを展開する予定。地下鉄と市バスで来月末まで流す吉川さんの車内放送は、その前哨戦。
 地下鉄車内の混雑時、吉川さんのアナウンスを聞いて、思わずリュックを背中から外したのは自分だけでないだろう。


2019年05月31日金曜日


先頭に戻る