河北抄

 ♪薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて 海に向いたテラスでペンだけ滑らす−。ミュージシャンの故大滝詠一さん(奥州市出身)が歌った『カナリア諸島にて』。アルバム『ロング・バケーション』に収められている。
 歌のシーンのように仕事ができたら、どれだけすてきだろう。新型コロナウイルスの感染拡大で、「密」を避けてリゾート地などの休暇先で働く「ワーケーション」が注目されている。
 「働き方改革」の一つで、疲弊した観光産業の活性化にもつながるとして、各地で受け入れを目指す動きが目立ってきた。政府も環境省が旗振り役となって後押しする構えを見せている。
 実現には課題も多い。テレワーク可能な職場環境の整備や印鑑決済などの見直しが必要なのは当然だ。何より問われるのは、企業と人の意識改革だろう。
 以前、金曜日に仕事を早く終えて食事や買い物を楽しむ「プレミアムフライデー」なる言葉が飛び交ったが、最近はほとんど聞かない。中途半端な取り組みなら「ロンバケ」もはかない夢である。

 

 


2020年10月17日土曜日


先頭に戻る