河北春秋

 毎週日曜日、午前8時からNHK総合テレビで放映される「小さな旅」は1983年の放送開始という長寿番組だ。大野雄二さん作のテーマ曲が切なく、郷愁を誘う。先日は秋田県田沢湖周辺で暮らす人々の日常を切り取った▼新型コロナウイルスの影響で自粛要請が出ていた県境をまたぐ移動が19日、全面解禁された。だが、観光業界は第2波の襲来もにらみながら、寧日がない日々が続く。「マイクロツーリズム」。星野リゾートの星野佳路代表が提唱する打開策だ▼およそ1時間圏内で楽しむ近場の観光を指す。業界版「小さな旅」といったところか。県単位で旅行クーポンを発行する動きも加速しており、新しい旅スタイルはどうやら「安近短」に回帰しそうな雲行きだ▼感染拡大前の業界は、外国人旅行者の急増で活況を呈していた。政府が吹く「成長戦略」の笛に乗り、地方自治体もクルーズ船や国際線の誘致に熱を上げた。その結果の閑古鳥は地に足が着いた観光戦略に練り直せという警鐘だろう▼先年亡くなった独文学者の池内紀さんは旅上手でもあった。名所より路傍の風景を愛し、市井の人と知己を結んだ。「わが家、わが町を出る。ふだんと違う自分がいる」(『ひとり旅は楽し』)。旅の醍醐味(だいごみ)は距離より己を解き放つことから。(2020.6.20)


2020年06月20日土曜日


先頭に戻る