河北春秋

 自由、平等、幸福の追求を天賦の権利とうたった米国の独立宣言。起草したジェファソンは、後に第3代の大統領となった。奴隷制の撤廃を主張し、しかし実は17歳の奴隷を愛人にして子をもうけている▼第26代のセオドア・ルーズベルトはボクシングに熱中した。ホワイトハウスにチャンピオンを呼んで戦い、パンチを受けて後に左目を失明した。歴代大統領の言動や逸話を集めた米国人作家の『大統領たちの通信簿』という本にある▼この本を見る限りでは、いっぷう変わったタイプが大多数だ。それでも国が運営できているのは、優秀なスタッフのおかげか。ワインに酔ったニクソン大統領が核攻撃を指示した際には酔いがさめるまで待ったという話もある▼トランプ大統領の前補佐官ボルトン氏が書いた暴露本が話題になっている。内容が事実だとすれば、実にまあ、トランプ氏は個性的な人物だと言えるだろう。日本に対しては昨年7月、防衛費の分担金として約8500億円を要求したという▼まずは、ボスが強烈な1発をかまし、細かい話は部下たちで…。豪腕経営者を思わせるトランプ流外交術だ。歴代大統領の中でも何かと資質が話題になる人だが、でも、言動は分かりやすい。力任せの先制パンチは、ひょいとかわしておくに限る。(2020.6.26)


2020年06月26日金曜日


先頭に戻る