河北春秋

 仮面ライダーやサイボーグ009…。石巻市のJR石巻駅から石ノ森萬画館までのマンガロードには、漫画家石ノ森章太郎さんが生んだヒーローのモニュメントが立つ▼その一角、中央地区の通り沿いに2軒のギャラリーが誕生した。通りを「アートロード」と呼ぶ人もいる。きっかけは石巻であった芸術祭「リボーンアート・フェスティバル」▼2017年の第1回に参加した美術家で石巻に移住した有馬かおるさん(51)が、東日本大震災で津波被害を受けた住宅を改装して「キワマリ荘」をオープンした。「バラバラに活動していた石巻の作家が集まる場所をつくりたかった」と有馬さん。地元の作家たちに運営を引き継いでいる▼19年の第2回の時には同じ通りにある空き店舗を活用し、地元の美術家守雅章さん(53)と「アートドラッグセンター」を開設。仙台と山形の若手らの作品を展示し、今春は東京芸大教授の画家O JUNさんの個展も開いた▼コロナ禍の今、両ギャラリーでユニークな演劇公演が行われる。「ここでは失敗が許される。若い作家が思い切ったことをしてほしい」と有馬さんは期待する。秋田の若者がギャラリーの魅力に引かれて視察に訪れるなど関心を呼んでいる。被災地から吹く、新しいアートの風が心地いい。(2020.8.3)


2020年08月03日月曜日


先頭に戻る