動画

今できることプロジェクト×栗原市 第5弾参加者レポート

 栗原では、昔から農業の閑散期である冬場にさまざまな手仕事を行ってきました。今回は“冬の手仕事”体験に、65名の参加者が志波姫地区へ。干し大根、ミニよしず、ミニ畳を作ったほか、もちつきにもトライし、つきたてのおもちは「ハレの食」としてお昼にいただきました。

関連ページ: 動画

2016年03月14日

先頭に戻る