考えよう、宮城県美術館のコト。

コラム

立ち止まって熟考尽くそう

 仙台市青葉区川内にある宮城県美術館を、宮城野区の仙台医療センター跡地に移転し、新しい県民会館と一体化する方針案が示されて1カ月になる。
 この間、県は有識者懇話会に移転・集約計画を盛り込んだ中間案を提出し、了承された。そこには、これまで触れられなかった移転方針の理由が記されている。
 要約すると、美術館をはじめ、老朽化した県有施設の更新には膨大な費用を要し、将来、重い負担になると真っ先に指摘している。
 美術館と県民会館を集約させて新築すれば、国の有利な起債制度を活用でき、コスト削減になるという説明も付け加わっている。
 なるほど、自治体財政は厳しさを増すばかりだから、小回りの利く効率の良いタイプに切り替えるのも一理ある。
 しかし、その線で進めていいものと、そのくくりで捉えてはいけないものがあるのではないか。
 移転方針が浮上して以降、広瀬川河畔になじんだ落ち着きのあるたたずまい、優れた建築設計に思い入れを持つ県民から、驚きと現地存続を求める声が上がっている。
 「これだけ美術アートの根付いている土地から移転させる理由は、どこにあるのでしょう」。日増しに広がる見直しを求める意見に、明快な答えは示されていない。
 何よりも、ふに落ちないのは美術、芸術関係者の見解を聞かずに進めていることだ。美術館のリニューアルについて議論を重ねた検討会議は昨年3月、既存の建物を生かしながら改修するとの基本方針をまとめている。
 検討会議のメンバーが移転の説明をされたのは、県当局の方針が示された先月中旬以降という。美術館を所管する県教委の職員はいま、一人一人を訪ねて歩く説明行脚に追われるありさまだ。
 施設の運営を話し合う有識者会議の「県美術館協議会」に対しても、いまだに説明がなされていない。
 2004年施行の県文化芸術振興条例には「県は文化芸術振興に当たり、県民の意見を十分に把握し、意見を反映させる」(第3条)とある。
 文化、環境の視点から十分な議論を行った形跡は見当たらず、政策決定のプロセスに粗さが目立つ。もっと丁寧に扱うべきテーマと思われる。
 まちづくりにも大きな影響を及ぼすだろう。周囲には、一般利用のできる図書館のある東北大キャンパス、川内萩ホール、植物園をはじめ、仙台国際センター、博物館などがそろっている。
 仙台城から見下ろす追廻地区には、川内・青葉山の名勝を紹介する公園センターを造る計画で、歴史探訪の周遊コースになる潜在性を秘める。
 美術館はこの場所にあってこそ、輝き続ける。いったん立ち止まり、熟考の上で見直すことを考えていい。

社 説(2019年12月19日)

コラム一覧

移転予定地の災害リスク、適切に評価を
元外務省参与 迫久展
「マアヤン」に込められた原爆の記憶と祈り
東北大大学院医学系研究科教授 虫明元
創作を支える教育機能 維持できるか
東北福祉大鉄道交流ステーション学芸員 鈴木佳子
県環境も野外作品の一部、移動は破壊を意味する
環境造形作家 佐藤達
県民会館とは異なる性質、期待できぬ相乗効果
元劇場プロデューサー 竹村公人
美しい施設を活用し存続させよう
東北大白菊会事務局長 大村昌枝
美術館は都市の顔 時間をかけて幅広い議論を
前東北学院大学長 松本宣郎
歴史と先達の思いが創る 唯一無二の景観
無職 東北大名誉教授 蟹沢聡史
財源論による正当化が民主主義を破壊
無職 医師・東北大大学院生 矢坂健
資源生かし、周辺一帯を「猫ワールド」に
無職 三島隆司
機能性高い美術館、現地改修で経費削減を
前宮城県美術館長 有川幾夫
「建てるとは住むこと」を学べるか
東北大教授 森一郎
観光資源として作品の充実とサービス向上を
東北大名誉教授 宮崎正俊
躯体は健全、当たり前の手入れで100年もつ
建築設計事務所顧問 大宇根弘司
環境と共にある作品 移設は破壊行為
法律事務所勤務 那須香緒里
鑑賞にふさわしい環境を優先すべし
添削指導員 小林広子
建物の活用へ財政問題含めオープンな議論を
医師 伊藤健太
広瀬川が生んだ立地、文化施設にふさわしい
東北大名誉教授 蟹沢聡史
移転候補地に大型ギャラリー新設を
宮城教育大名誉教授 渡辺雄彦
価値ある建物と環境を引き継いで
主婦 佐野のぶ
有形無形の芸術的資産が育まれた
美術家 前宮城県芸術協会理事長 大場尚文
県民の議論を県政に反映させよう
元宮城県職員 二階堂通正
公共施設の耐用年数をどう考えるのか
医師 中井祐之
長年かけて育てた環境を守って
会社員 木村益枝