全国・海外のニュース

飛び込み事故で都立高の教諭停職 ブラシの柄を越えるよう指導

 東京都教育委員会は16日、体育の水泳授業中、水面に出したデッキブラシの柄を越えて飛び込むよう指導し、男子生徒1人がプールの底に頭部を打ち付けてけがをする事故を招いたとして、都立高校の男性主幹教諭(45)を停職6カ月の懲戒処分とした。
 都教委によると、事故は2016年7月に発生。プールの水深は通常より浅かったが、教諭はプールサイドからデッキブラシの柄を出し、越えて飛び込むよう指示した。
 都はこの処分の事故が起きた学校名などを明らかにしていないが、16年7月には都立墨田工業高で3年生の男子生徒が飛び込み練習でプールの底に頭を打って首の骨を折った事故が起きた。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年04月16日月曜日


先頭に戻る