全国・海外のニュース

29人分の不妊手術資料発見 個人名記載、都が初確認

 東京都は8日、旧優生保護法(1948〜96年)に基づき不妊手術を施されたとみられる障害者ら29人の個人名記載の関連資料が都立松沢病院(世田谷区)で見つかったと発表した。都として記名資料を確認したのは初めてで、29人中11人は本人の同意なく強制手術を実施されたことが判明したという。一方、旧法下で中絶手術を受けたとみられる1人分の記名資料も同病院に存在していた。
 松沢病院は精神科を中心とした医療機関。都によると、病院のカルテ庫で50〜63年の手術申請書や遺伝調査書などが一束になっており、この中に11人分(男性3人、女性8人)の手術実施報告書も含まれていた。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月08日火曜日


先頭に戻る