全国・海外のニュース

前川前次官の証人尋問認めず 福岡地裁、朝鮮学校の無償化訴訟

前川喜平氏

 国が朝鮮学校を高校無償化の適用対象から外したのは違法だとして、九州朝鮮中高級学校(北九州市八幡西区)の卒業生ら68人が国に損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)は10日、無償化の制度設計に携わった文部科学省前事務次官の前川喜平氏の証人尋問を認めない決定をした。
 原告側は当時の文科省内の意思決定や議論の過程について直接聞くため、証人採用するよう求めていた。小倉支部は下村博文元文科相の証人採用申請も「必要性がない」とし、同様に却下した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月10日木曜日


先頭に戻る